こんにちは、小川準です。

数学の問題を解くときに消しゴムばかり使う生徒さんがいます。

また、計算式は書かずに、ノートの端に筆算だけして答えだけをノートに書くとすぐに筆算したところを消します。

こういう生徒さんは要注意です!

テストの時にもこれでは、途中点がもらえません。

しかも確かめようとしても式が書いてないので確かめようがありません。

ノートの節約にはなるかも知れませんが、消しゴムの減りは、早いでしょう。なんのために勉強しているか、考えてください。

このような生徒さんにオススメは、ボールペンを使うことです。

間違っても消せませんので、自分の間違いと向き合うことができます。これが重要です。

自分の間違いが、どこで起きているのかを分析することが、できるようになると数学はできるようになります。

これは私の娘に試したことですが、非常に効果がありました。

入試で実際に娘は数学の問題を解くのに一度も消しゴムを使わなかったそうです。

後で娘の問題用紙を見せてもらいましたが、本当に消しゴムを使った跡がありませんでした。

ぜひ皆さんも数学の問題を解くときはボールペンを使ってみてください。