勉強する時はタイマーを使おう!

こんにちは、小川準です。

長い時間勉強すればいいのかと言うとそうでもありません。

ずっと自分の部屋にいて、親御さんから見ればきっと勉強しているんだろうと思っていても実際のところはどうなんでしょう?

実際に勉強していたとしても、マイペースに適当に休憩したり、他のことに手を出したりしながら、ながら勉強している。

こんな生徒さんは要注意です!

社会に出ても仕事が終わらずに残業ばかりでは、仕事のできない人と言われてしまいます。

集中力が無い、集中力が続かないという生徒さんには、タイマーがオススメです。

タイマーもカウントダウンとカウントアップの両方使えるものを選びましょう!

スマホなどにも付いていますが、スマホを使うとラインがきたり、違うところに意識が行くようなら、使わない方がいいです。

さらにタイマーは写真のもののように、10分、5分、1分、10秒といったボタンがあると、とても使いやすいです。

具体的な使い方としては、初めてやる問題では、カウントアップにして何分かかるか計ってみます。

次に2回目、3回目は、目標時間を決めてカウントダウンでやってみます。

使い慣れてくると自分で予想時間がわかってきますので、最初からカウントダウンでやれるようになります。

その時にも予想時間より少し短めにタイマーをセットしてやるようにしてください。

集中力がつくのと、テスト時にも時間配分がうまくできるようになります。

関連記事

  1. 長い時間勉強すれば良い訳ではない!

  2. 小学6年生が今やるべき中学準備とは?

  3. 記憶よりも記録

  4. 数学はボールペンを使おう!

  5. 色と教科と文房具

  6. 復習が一番大事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA