色と教科と文房具

 

こんにちは、小川準です。

効率的に学習していく上で教科の色を決めるのも良い方法です。

国語は 数学は 英語は 社会はオレンジ 理科は

という感じです。自分が一番イメージする色でいいかと思いますが、ノート、蛍光ペン、付箋、なども一緒に統一したいので、現実的に存在する色にしましょう。

計画表や毎日の学習の結果を記録していく上でも視覚的に瞬時に分かります!

上の画像は今塾に来ている生徒さんの実際に使っている記録シートです。受験用の教材の目標点数をクリアしたら、塗りつぶしていきます。上には計画の日程を書いていけて視覚化できどれくらい進んでいるかが、瞬時に分かります。塗りつぶしていくことでの達成感を持っててモチベーションも維持できます。

ぜひお試しください!

 

関連記事

  1. 数学はボールペンを使おう!

  2. 中学生の英語の勉強法

  3. 定期テストでの逆転勉強法

  4. 読みづらい字を書く生徒さんには線の練習

  5. 教科書を読もう!

  6. 復習が一番大事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA