できるところまで戻ろう!

こんにちは、小川準です。

今日のテーマは、出来るところまで戻ろう!です。

数学や英語などの積み重ね教科は今、わからないという生徒さんは、今の問題をいくらやっても出来るようにはなりません。
その問題自体の答えを覚えても意味がありません。結局わからなくなったところまで戻る必要があります。

急がば回れです!

場合によっては、小学校の算数まで戻る必要があるかもしれませんが、必要なら戻るしかありません。
連立方程式が解けないなら、一次方程式に戻り、そこもわからなければ、文字式に、そこも分からなければ、正の数、負の数に、そこも怪しければ小学校の算数に戻りましょう!

分数なのか、少数なのか、掛け算、割り算、足し算、引き算
とにかくここなら出来る。というところまで戻りましょう!

小学1年まで戻ったとしても焦らなくて大丈夫です。百均にも問題集売ってます。薄くて簡単そうなドリルや問題集をやってください。

すぐに上がっていけますよ!
どこまで戻ったら良いか分からない生徒さんは遠慮なく聞いてください。お答えします。

関連記事

  1. 復習が一番大事

  2. 長い時間勉強すれば良い訳ではない!

  3. 数学は考え方を式で表すことが重要

  4. 「できない」を「できる」にするには?

  5. 書くより読むほうが速い!

  6. 勉強する時はタイマーを使おう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA