こんにちは、小川準です。

今日のテーマは、「勉強とは生きること」です。

学校の勉強が生活の役に立っていないという人がいますが、ある意味そうかも知れませんが、そうだとも言い切れません。

疑問や問題、課題がある時、それを解決するためのプロセスは、生活していく中で求められるスキルです。検索したり、本から知識を得たり、知っていそうな人に聞いてみたり、普段普通にやっていることですが、これが勉強です。

勉強というと教科があって学校で習うものと思いがちですが、そこで取り組んできた知識を得て、理解し、実践し、習得していくこのプロセスは、社会人になっても普通に生活していく上で必要です。
ただ知識のみを詰め込んだ学習だけしていくだけではダメです。

知識だけなら、今は簡単に手に入れることのできる時代です。それだけに、理解し、実践し、習得したことが人生において本当に役立つ勉強ということになります。