長い時間勉強すれば良い訳ではない!

こんにちは、小川準です。

今日のテーマは、「長い時間勉強すれば良い訳ではない!」です。

社会人になっても長い時間仕事をする人がいいのか、同じ仕事なら早く終わらせた方が褒められます。勉強でも早く勉強をマスターした方がいいです。

集中力も90分ぐらいが限度です。長くてもだらだらと時間だけがすぎていくような勉強はやめた方がいいです。

そのためには、時間をうまく使うことです。タイマーを使ってやるのも一つの方法です。テストでも時間内に解かなくてはいけないのですから、目標時間を決めて、その時間よりも少し短めの時間にタイマーをセットしてやるなど工夫してみてください。

勉強のやり方もいつも同じではなく時には違った方法に変えてみるのもいいです。いつも問題を自分の力で初めから解いていく生徒さんがいますが、これは一般的な方法でしょうが、時には、解答と解説を先に読んでから、問題をやってみるとか、回答だけ先に見て問題を予想してみるとか。

問題を解くことがゴールではなくそれを習得することですから、人に説明できるくらいをゴールにするといいです。自分で自分に声を出して説明してみてもいいです。

説明するのは、机に座ってなくてもできますので、ずっと机に座ったままでなく、部屋の中や、家の中などトイレやお風呂でもいいです。説明してみてください。おじいちゃんやおばあちゃんにでも飼っている猫を相手にしてもいいです。

例えば中1の英語で3単原のs というのを習うかと思いますが、これをしっかり説明できますか?
YouTubeに動画を撮ってあげてみても面白いです。

だらだらと机に座って時間だけがすぎていくような勉強なら今日からやめましょう!

 

関連記事

  1. 積み重ねる能力

  2. 「できない」を「できる」にするには?

  3. 数学は考え方を式で表すことが重要

  4. 教科書を読もう!

  5. 付箋を上手く使おう!

  6. 勉強する時はタイマーを使おう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA