小学6年生が今やるべき中学準備とは?

こんにちは、百点満点塾の小川です。

中学に入る前にやっておいた方がいいことってあるの?

中学での勉強のやり方は?

英語が難しそう?!

小学校の勉強と何が違うの?

小学校の総復習はした方がいいの?

1 算数の復習は四則演算(小数・分数)だけやる

中学準備で当塾で実際に進めていることは、
中学の勉強を始める。

これが一番効率がいいです。
ただ算数で言えば、四則演算がままならない状態でしたら、
そこは復習する必要があります。

計算ドリルを使って練習してください。
小数分数の計算も必ずやりましょう。

2 国語は漢字の読み書きだけ復習

小学校の国語の復習としては、やはり漢字の読み書き
は復習しておきましょう。

こちらも漢字ドリルを使って練習してください。

熟語の意味も確認しておけると更に良いですね。

3 中学の予習を始める(数学、英語)

中学準備はズバリ!

中学の勉強を始める!

これにつきます。すなわち予習です。

小学生でも中学生でも低学年の問題は
簡単だというイメージがあります。

だから自分の時間だけ先に進めておけばいいのです。
少し前にやったことは初めて見る時よりもきっと
簡単に感じるはずです。

4 具体的には何を使う?

中学準備のために数学と英語は予習していくとは
わかっても、では具体的に何をやればいいでしょうか?

お兄さんやお姉さんがいる家庭なら、
中1の教科書を借りて使うのが1番いいです。

友人知人をあたって教科書を譲ってもらうのもいいです。

これが難しい場合は、

書店で教科書ガイドを購入してください。
自分が進学する中学で使用する教科書準拠の
ガイドである確認は必ずしてください。

5 それぞれノートを用意してください

数学はキャンパスノートなどのノートでいいです。

英語は4本線の英語専用のノートを用意することをお勧めします。

教科書、または教科書ガイド、そしてそれぞれのノート

これだけ揃えば、中学の予習がスタートできます!

6 ノートの使い方で成績が変わる

ノートの使い方で成績が変わる?

ハイ!

どういうことでしょうか?

書き方、使い方ですが
note という単語にはそもそも
注意して心に留める」「〜に気づく
という意味がありますので

そうなれるノートにしなくてはノートの意味がありません。

数学で言えば、計算は他でやって、
答えだけをノートに書いていく書き方。
一見ノートはスッキリして見やすいですし綺麗ですが
丸付けをして、間違えた問題の原因をそこから気づくことは
できませんんね!

特に数学ではノートを縦に半分に折って縦に進めていく
書き方がいいです。

計算途中も全てノートに書いていきます。
青いボールペンを使うと更にいいです。

次に英語のノートですが、
4本線には英語を書き、
その間には日本語の意味を書いていく。

単語の練習ではノートを縦に4つ折りにして
一番左に日本語を書いてその右には単語を3回練習していきましょう。

1回目と2回目はしっかりと単語のスペルを見て、
間違えないように書きます。
3回目は見ないで書けるかチェックしてみましょう!

7 教科書ガイドの使い方

ノートの使い方はわかりましたね。

では早速予習を始めていきましょう。
まずは数学ですが、教科書があれば、
例題をノートに移していきます。
ガイドには例題が書いてないかと思いますので
まとめのページをよく読んでから、
問題のガイドと答えよく読んでください。

それから問題を答えを見ないで解いていきます。
必ずやった後には丸付けをしてください。

これをどんどん進めていきます。

余裕があれば教科書準拠の問題集を書店で購入されても
いいですが、教科書ガイドを3回くらい繰り返してやることを
お勧めします。
目安としては2章くらいまでは入学式前に終わらせておきましょう。

次に英語です。

まずはアルファベットA〜Zの大文字とa〜zの小文字は
正確に速く書けるまで何回も書いて覚えてください。

教科書ガイドもできればCDも購入されるといいですね。
語学は声に出して練習するのが効率的です。
机にずっと座っていなくてもいいので音読していきましょう。

ガイドにはカタカナも書いてあるので、
すぐに英語が読めなければCDを聴きながらカタカナを声に出して
読んでいってください。

ノートで練習するのは、基本文と単語と本文です。
まずはCDを聴いてスラスラ読めるまで音読してください。

次に日本語に訳せるか試してください。

これができて初めてノートに書いていきます。

最初のうちは、
単語→基本文→本文の順に書いて練習していきます。
中1で習う英単語が非常に重要ですので、
全て読めて意味がわかり書けるという状態にしてください。

入学式までに3章か4章くらいまではいっておくといいでしょう。
本文は暗唱できるまで音読は毎日やってください。

8 まとめ

小学6年の3学期にやるべき中学準備を
まとめてみました。

数学と英語を中心に予習していくことです。

国語の読む力が全ての教科の要でもありますから、
まずは読めない漢字、意味のわからない言葉がない状態でないと
中学の授業で苦労しますね。

国語が心配な生徒さんは、陰山メソッド
徹底反復音読プリント」も取り入れてください。

少しずつでもいいので毎日決まった時間に

学習する習慣を今からしっかり身に付けるのが
先決です。その上でこのやり方で中学準備を進めて
いってください。

 

 

 

関連記事

  1. 教科書を読もう!

  2. 中学生の数学の勉強法

  3. 勉強する時はタイマーを使おう!

  4. インプットとアウトプット

  5. 読みづらい字を書く生徒さんには線の練習

  6. 記憶よりも記録

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA