こんにちは、小川準です。

今日のテーマは、「逆転合格のための最適化」です。

最適化にも勉強のやり方、各教科にかける時間、こなしていく問題集の量(ページ数)、目標点数、などなど様々あります。

やり方一つとっても教科によって違いますし、何をいつやるのかという選択とタイミング、
問題集もいろんなものがあります。その中からいつどれをどれくらいやっていくのか?

一人でやっていくには、難しいでしょう!これを最短の時間で最適化していくには、良き指導者が必要です。生徒の個性や性格、生活の習慣、各教科の学力と志望校との差を全て考慮して最適なタイミングで最適な手法を提案していく。もちろん本人も考えて納得してやってもらわなければ効果は期待できません。

そいう意味では生徒さんとの信頼関係がなければなりません。
またすぐに効果が出ない時もあります。ですが、受験日が決まっている以上、受験日に間に合わせないといけないので、期限付きでペースを決めていかなくてはいけません。

本人の気持ちもありますが、どうしても合格したい場合は、本人の感情よりも行動を優先させなければいけない時もあります。なるべくそういう状況にならないように、成果を本人も確認しやすい教科で目に見える成果をまずは出して納得してもらい、信頼関係をいち早く構築して、本人も納得する形で進めることが理想です。

この最適化を中学1年や2年からやっていくとするなら、受験直前と違いとてもやりやすい。理想は中学1年の初めか、入学前が最適でしょう。

ですが、いつからでも自身の勉強法、学習法の最適化をまずは考えてみることから始めてみましょう!