1 野球はピッチャーがボールを投げてゲームが始まるスポーツ

野球というスポーツはピッチャーがマウンドに立ち、
ボールをキャッチャーに投げることでゲームが始まるスポーツです。
学習も生徒自身が自分で主体的に始めない限り何も始まりません。
ピッチャーがボールを投げることを投球と言いますが、
当然キャッチャーに向けて投げるわけです。

2 セルフスタディーパーフェクトメソッドと『配球』

 

百点満点塾のオンライン生へのサポートは
業界初の内容のため、なかなか説明が難しいです。
私は高校野球をしていた経験から、
このダイヤのAに書いてある配球とリードの説明が非常にわかり易く、
当塾のサポートに近いと思っています。

「配球」とは相手のチームや各バッターのデータを元に
投手の持ち玉を組み合わせた言わばセオリーとなる投球パターンのことです。
これは「机上の理論」といえます。

当塾の「セルフスタディーパーフェクトメソッド」は
生徒自身が学習を進めていくためのオリジナルプログラムです。

これは野球でいう配球に近い、机上の理論と言えます。

当塾では、
セルフスタディパーフェクトメソッドという方法で
生徒さん自身が学び方を学び、
日々の計画を立て自身で学習を進めるわけです。

3 フィードバックとリード

野球でいう「リード」とは
キャッチャーがサインを出してピッチャーをリードしていくことです。
もう少し詳しく説明するとその日のピッチャーの状態、相手チームの狙い球、バッターの様子から総合的に考え 作り上げたものです。

フィードバックとは
生徒さんからの質問や相談に答えながら、
生徒さんの性格や生活習慣から一緒に学習計画を考えたり、
学習方法を各教科や単元によって最適な方法をアドバイスしていきます。

4投手(生徒)と捕手(当塾)が一体となって作り上げる「作品」それこそが最高のピッチング

キャッチャー(講師)がリードしていきながら、
すなわち日々フィードバックしながら、
学習を進めていくわけです。リードが
それでも限りなく正解に近いリードはあると私自身は思っていますし、
それを考えるのが、私の役目であり、
生徒さんには納得のいく学習成果を上げてもらいたいと常に考えています。

投手(生徒)と捕手(当塾)が一体となって作り上げる「作品」

それこそが最高のピッチング
百点満点のピッチングを目指しています。